赤ちゃんに必要なベビー用品の選び方を伝授

出産前に準備が必要な物

出産前に準備しておきたいベビー用品として、おむつや哺乳ビン、ベビーバスに温度計、搾乳機などがあげられます。赤ちゃんが生まれてからだと忙しくて買いに出かけられないことがあるので、妊娠中にそろえておきましょう。

体に負担をかけないために

赤ん坊

赤ちゃんは生まれてから離乳食が3回食になる離乳食後期までは、水道水を直接飲ませないようにすることが大切です。初めて与えてみる時は、体調不良の時期を避けて健康な状態の時に少量ずつ飲ませてみるようにします。

必要に応じて準備を

女性

育児をする上では、哺乳瓶や哺乳瓶関係のグッズが必要不可欠となります。哺乳瓶は二本以上あるのが望ましいです。粉ミルクは缶のものとキューブタイプのものがあるため、目的にあわせて選ぶようにしましょう。他にも、哺乳瓶用の洗剤、ブラシ、消毒液や消毒グッズなどが必要です。

赤ちゃんに着せる服

乳児

着せるならどんな服

赤ちゃんが生まれると頭を悩ますのが、取り揃えるベビー用品ですがその中でもどんな服を着せればいいのかは悩んでしまうところです。病院にいる間は看護師さんがお世話してくれますし、空調も整った環境にいるのでさほど、悩むことはないものです。しかし、病院から出れば必要なベビー用品や赤ちゃんに着せる服を買い揃える必要があります。そこで、赤ちゃんの服を選ぶときに知っておきたいことは、身長を基準に赤ちゃん服は作られている点です。月齢を基準に赤ちゃんに着せる服を選んでしまうと、服が大きすぎたり小さすぎたりすることがあります。赤ちゃんの服を選ぶときは、月齢よりも体重と身長を基準に選ぶとムダな買い物をしなくてすみます。ベビー用品の中でも赤ちゃん服は、さまざまな種類があり、おむつ替えが楽にできるよう工夫されたものも多いです。短肌着は、0ヶ月から3ヶ月の新生児に着せる服で寝たままでも着替えさせることができる赤ちゃんにもお母さんにも楽な服です。季節を問わず年中使用することができるので、毎日着替えに困らない枚数を用意しておくと便利です。袖の長い長肌着も短肌着と同じ月齢の新生児向けの服ですが、生まれた季節によっては不要なこともある赤ちゃん服です。0ヶ月から6ヶ月くらいの新生児向けのコンビ肌着は、着られる期間も長く経済的です。ボディ肌着は海外では主流になっている赤ちゃん肌着で、着せられる期間は0ヶ月から24ヶ月と長いので長く愛用することができます。このタイプはデザイン性の高いものが多く、お母さんが赤ちゃん服を選ぶ楽しさを味わえます。後は、足先まですっぽり覆うタイプもあるロンパース・お宮参りに使用できるベビードレス・普段着におすすめのツーウェイオールなどもあります。赤ちゃん服は、他のベビー用品とは違い使用できる期間は短いことが多いので買い過ぎに注意しましょう。